Drowse

君がいないと 始まんないよって 言えないようです

すべての四月のために 感想殴り書き

  初めての剛くん舞台。本当に楽しかったし生きることの難しさとだからこその素晴らしさを考えさせてもらえるような舞台でした。全体のノリとしては吉本新喜劇に通ずる物があって、特に私は小さい時から毎週土曜日の12時からはテレビの前に張り付いて見ている人間なので、声を出してゲラゲラ笑ってしまう所もありました。愛知って大阪の番組結構流れるので新喜劇はずっと放送してるんです、不思議と。

 

  冒頭からリュックからペットボトルを取り出して水を飲み干す剛くん。「トイレ大丈夫?」って勝手に心配になりました。(保護者か)

 

  剛くんは主演としてこの舞台に挑んだ訳だけど、ストーリーテラーに近くて、安田家の面々を一歩引いた立場で見つめながら優しく見守っているような役。30代後半になって舞台役者としてのある程度の地位を築き上げた今だからこそ出来る優しいさを感じました。それと同時にこの舞台は俳優さんそれぞれが演技を楽しみ、全ての役に愛情を持っているからこその笑顔に溢れているのだと思いました。またストーリーのシンプルさ故に役者さんの表情、声、動作一つ一つが活きる演出と脚本だったように思います。

 

  夏子の人生はやりたい事をしたいように続けて、支えてくれる春根さんがいて、気は強くて明るく生きているからきっと悲しみなんて感じないんだろうと思われるけど、実は色んな気持ちの裏返しで、だからこそ色んな気持ちを何も言わずに受け止めてくれた春根さんが大好きで、結局は彼が永遠に帰ってこないってことを忘れるために毎日お祭り騒ぎしてる、一番悲しい人生に囚われた人なんじゃないかと思います。でも一人の人を愛し続けることってとても素晴らしいことで、その真っ直ぐさと力強さに雲一つない青空から注ぐ夏の日差しを思い出しました。

 

  秋子は萬足に愛されていない訳じゃないけど、気持ちは冬子さんにあることが分かってて結婚して、でも職業も自立しているし、自分のふとした不満はきちんとその場で解消できていて、なんとなくOLみたいだなあと思いました(笑)色んなネガティブな気持ちは抱えながらもちゃんと幸せになれていて、ある意味したたかではありますが自分の気持ちに素直で、それでいて不器用な生き方しか出来ないところが愛おしく感じました。したたかで安定を求める所が秋っぽさな気がします(笑)

 

  冬子さんには結構自分を重ねてしまって勝手に沢山のことを想像してしまいました。実を言うと私も片足を上手く動かせず引きずる歩き方をしているし、というかそもそも見た目では分からないんですけど障害者で。多分桜の木の上から落ちて足が元に戻らなくなった時に冬子さんは「もう自分は普通ではない」と諦めた気持ちがあったはずで、だから萬足に「自分の人生に花が咲かなくても実がならなくても、私は幸せ」と言い切ってしまうんだろうなって思うんです。「足りない自分は誰かに愛される価値もない、だったら他の人の幸せのために生きていくことが最良だ」って思い込んでいるから、あの理髪店で痛む足を引きずりながら働く。私も看護師やってるのはそんな気持ちがあるからで、多分ずっと1人で生きていくのかなあなんて24歳にして思い込んでいるんですけど(笑)ただ、冬子さんは篠田さんと出会えて本当に良かった。片足の不自由さ、そこから生まれる生き辛さは家族やどんなに親しい友人にも分かってもらえない、分かろうとしてくれても「結局苦しいのは自分だけ」とふさぎ込んでしまうところをあの二人は分け合うことが出来る。きっと冬子さんにとっても篠田さんにとっても永遠にお互いが無二の理解者として生きていくのだなあと思います。閉ざされた部分のあるところが冬らしいところな気がします。

 

  春子は唯一、死に方を考えさせられる役どころでした。予期せぬ死であったものの、きっと春子は工作行為に関わった時点で明るみになれば自分がどうなるかは分かっていたのだと思います。だからこそのあの潔さ。「明日にはきっといいことがある」と希望をひたすら繰り返しても変わらぬ日常、終わらない戦争にどことなく疲れていたのかもしれない。工作行為に加担したことは若さゆえの無鉄砲さであり、彼女の死は「散っていった」という表現が似合う。春の麗らかさを思わせる天真爛漫さと自由なところが、春を思わせる役でした。

 

  大雲さんは親日派と罵られても島に残ることを決め一緒に笑ってくれた春子の亡骸の側で亡くなる。生き方を選ぶことは死に方を選ぶことに通ずるのだと再認識しました。

 

  萬足の日記に最後に書かれた「幸福だった」という言葉は、生きる上で生まれる葛藤も苦しみも辛さも不安も悲しみもその瞬間だけの感情で、結局はあの島の理髪店で起きた全てを、あの島で出会ったすべての人を思い出せば愛おしさしか残らないと思えたからこその言葉だったように思います。

 

  看護師として、手術を終えて晴々と退院する顔、色んな最期の形を見送って、生きることと死ぬことの意味がよく分からなくってきた自分にとってすごく考えさせられる舞台でした。生きる上で起こる色んなこと、全てがいい事ではないけど、いつか私が全部を終えた時にはきっと愛おしい思い出になるのだから、だったら毎日を一所懸命に生きてみようと思います。

 

  この舞台の感想なんで面白いこと一つくらい言おうと思うんですけど、Get Nakedしてる森田剛いませんでした???????

わたしがみた真夏の夜の夢

 

 

何から書いていいのかわからない。

 まずは千晃ちゃん本当におめでとう。AAAから抜けて赤ちゃんのために頑張ろうとする千晃ちゃんを私は心から応援したい。絶対に幸せになってください。ここまでは本当の気持ちだけど私の思うことすべてじゃない。ちょっとだらだら書かせてほしい。

千晃ちゃんの”卒業”に対して思ったことは当然一言では言い表せない。「ていうかこれ脱退じゃねえか!」と正直思った。それでもこの言葉を使ったのは、千晃ちゃんが女性だから。男性だったらその人はずっとパフォーマーであるままで、グループからの脱退はただの転職になる。でも女性だから、AAAから抜けることは彼女の生き方そのものの変化を生む。千晃ちゃんがこれからどういう活動を続けるかは分からない。ただ彼女はパフォーマーとしてじゃなく、歌手としてじゃなく、新しい命のお母さんという仕事が増える。その仕事はAAAと一緒に両立できないと思ったから”AAAからの卒業”。これから私たちが見ていく千晃ちゃんはもうAAAのものじゃない。

今まで何回も私とAAAの出会いはTwitterで書いてきた。夏のある日、ふと年末に紅白で聞いた「恋音と雨空」を検索してメイキングを見て、曲の良さと同時にメンバー同士の仲の良さを面白いと思った。気付いたらここまで来てた。今では私=しゅーてぃー・與西だが、それ以上に出会いを鮮明に覚えているのが、AAAが主演を務めたドラマ「未来世紀シェイクスピア」の中で千晃ちゃん演じる杏実としゅーてぃー演じる雷太の切なくて、ほろ苦くて、胸を締め付ける、それでいて最高に愛おしい恋物語、「真夏の夜の夢」だった。


まず何が最高ってビジュアル。当時23歳になるパフォーマンスグループのメンバーを捕まえて、千晃ちゃんはストレートロング、しゅーてぃーは黒髪というファンにとってはもう十分可愛くてかっこいい二人にメッシュを付けたうえで、あの制服を着せたスタッフは多分世界で一番天才だと思う。あと二人の身長差。しゅーてぃーは男子メンバーの中では身長が低く、普段ヒールを履いていることの多い宇野ちゃんと並ぶと目線が同じということが度々ある。そんな彼が、千晃ちゃんと並んだときだけ目線が下がるのが最高にかわいい。無理。しんどい。

同時に二人の幼馴染という配役。千晃ちゃんって153cmであのベビーフェイスだから、同じ末っ子である宇野ちゃんと並んでも圧倒的な妹感がある。一方しゅーてぃーはメンバーで唯一の一番上で、面倒見のいい男子。実際Buzzツアーで千晃ちゃんが骨折して抜けたときのエピソードとか、普段からリアル兄妹感は随一なわけで、しかも杏実も雷太も結構実際の二人の性格に似たようなところがあり、演劇特有の役を作っているという感じがほとんどが感じられない。そんなふたりが幼馴染なんて設定されたら可愛さしか生まれない。大変だ、配役した人も天才だ…。

と、ここまで読めば私がいかに杏実と雷太のビジュアル、関係性、そして千晃ちゃんとしゅーてぃーの距離感が大好きなのかわかるだろう。私にとって二人はAAAにおける"最高にきゅんとなるための方程式"なのである。(與西にきゅんとはしない、発狂する)

こんな一ファンのときめきを失うという単純な問題以外にも、千晃ちゃんがいなくなることで生じることはたくさんある。「AAA」は6人になる。赤はメンバーカラーではなくなる。仮に千晃ちゃん音楽を続けたって6人に囲まれて歌い踊る、大きなステージの上で小さな体をいっぱいに使って飛び回る、そんな千晃ちゃんはきっと見られなくなる。そうだ、私は7人のAAAが大好きだ。全員が並んだ時のでこぼこな感じとか、男子メンバーが女子メンバーを守っている感じとか、お互いを本当に信頼しているんだなって思う心から楽しそうな笑顔と笑い声とか、えっと、今頭の中で色んな7人の姿を思い出したけど、いっつも笑顔ばっかりだ。

そして何よりも心配なのは宇野ちゃんのこと。千晃ちゃんが抜けて、女の子一人で精神的にも身体的にも、負担は大きくなる。Instagramで宇野ちゃんが話していた通り、二人は誰も知り得ないところで支え合ってきたお互いが唯一の存在なんだろうとも思う。これから抱える不安を、負けそうになる気持ちを、そして女同士としてしか話せないことを、これから宇野ちゃんは誰と共有し乗り越えていくのだろう。同時に、AAAにおいて"みさちあ"は宇野ちゃんの気高い美しさと、千晃ちゃんの内面からあふれる可愛らしさをお互いに引き立て合う最高のパートナーであると思っている。だから千晃ちゃんの決断を聞いて私は簡単に納得なんて出来なかったし、泣いたし、どうしてと何回も考えた。それでも絶対に誰よりも悩んだはずの、女子メンバーだけで活動しないかと事務所に言われても「AAAは7人だ」と即答した、唯一の女子メンバーとして支えあってきた、そんな宇野ちゃんが千晃ちゃんを応援するというのなら、私は何も言えない。つーか誰が何を言ったって無効になるカードを提示されたもんだ、こんなの。 

これだけ書いてきた中で誰かを応援するって何なんだろうと思う。結局芸能人であれ、それぞれの人間の決断なんて外野がとやかく言うことじゃない。でも私たちはお金を払って彼らの人生を支えているから、その決断に文句をつけることが出来る。けれどあくまでそれはCD・DVD・ライブ、何らかの対価をもらった上で払うものだ。なのに私達は"応援"してるから文句を言う。勝手にあれこれ憶測されて、勝手に自分の事を沢山知られて、それでもファンに感謝する、凄い仕事だなあと思う、本当に。だってどんなジャンルであっても誰かを応援するとき、私たちはその人達の気持ちを想像することしかない。ほとんどの場合はどんな苦しみも、辛さも、喜びも、私達の見える所で生じるなんて滅多にない。自分が応援する人にとって誰が敵なのか、味方なのか。何が正解で間違いなのか。今日のライブでにっしーが言ってたという「リアルの中でファンタジーを作ってる」って言葉が妙に沁みる。結局現実があるから私達の妄想が生まれる。どんなに彼らが綺麗なファンタジーを作りたくたって、それは私達の妄想に打ち消されることもある。特に今は画像も映像も音声も、妄想からも現実を生み出せる時代だ。だからこそ私はメンバーから発せられた言葉だけを信じて、千晃ちゃんを応援したい。リーダー、にっしー、だっちゃん、與さん、しゅーてぃー、宇野ちゃんがどんな思いを抱えていたって、千晃ちゃんを応援すると言うのならそれが正解なのだ、きっと。

 千晃ちゃん、きっといつか6人で見た景色を思い出して恋しくなると思う。でも違う道を歩き出したからこそ、今まで以上に幸せになれる千晃ちゃんもきっとそこにはいるんだよ。私は笑顔の千晃ちゃんが大好きだよ。直接出来るようなことは何一つないかもしれないけど応援してるからね。あの日みた真夏の夜の夢は私の頭の中で永遠に続くと思う。時々思い出した時には幸せと懐かしさをちょうだい。6人と1人が一緒にまた笑える日までさようなら。